top of page
検索
  • 緒方逸雄

風邪にかからないようにするには

更新日:2023年11月28日

風邪とかインフルエンザとかかかると嫌ですね。

インフルエンザにかかると隔離が要請されて自宅待機

生産的ではないですね。

では掛からないように、あるいは掛かりにくくするにはどうしたらよいと思いますか?

普段は喉,あるいは気管には免疫物質が流れていて風邪やらインフルエンザのウイルスを防御しているようです。

その防御機能が崩れると細菌が優勢になり風邪をひいてしまいます。

そうなると器官が炎症を起こし咳が出たりします、インフルエンザになると器官が炎症して腫れます。

腫れると血管を圧迫して血液が流れにくくなり同時に免疫物質も少なくなるようです。

ではどうしたらよいかと言うと、免疫物質が何時もよく流れるようにするという事のようです。

そのためには首を凝らさないという事です。

炎症して、腫れると血管を圧迫して免疫物質が流れにくくなり、そうすると高熱が出てダウンということになります。

高熱が出てダウンしても炎症している、のどの血液が流れるように施術するなら免疫物質(防衛軍)が働きだして熱は下がるようです。

インフルエンザであっても熱は下げることが出来ます。

でも普段から防衛軍が働く身体でありたいですね。

その為にが定期的な体のケアが必要ではないでしょうか。

健康的で明るい生活を送ることが出来るのと思います。


ここケア中山では身体のスペシャリストが勤務しています。

安心し施術を受けられるのではないでしょうか。

緒方逸雄

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

血液循環療法について

血液循環療法は小山善太郎さんが開発した治療法です。 小山さんは明治時代の人ですが当時貿易商を営んでおられて様です。 ところがリュウマチにかかってしまいました。 東京の有名な大学病院にかかっておられて様ですが、病状はよく成るどころか悪化する一方だったそうです。 あるとき高尾山に痛いのを押して登山されたそうです。 登っていく途中で、枯れている木を発見されたそうです。 なぜ枯れているのかと気になり調べて

施術日誌 50肩

50肩の方がお見えになりました。 50肩はどうして起きるかというと、不思議に思われるかもしれませんが、実は股関節つまり足の長さが関係していいます。 日本人の93,4%は足の長さが違うといわれています。 足の長さが違うと足の長いほうに身体はバランスをとるために傾くことになります。 そうすると筋肉はバランスよくついていますから、足の短いほうの肩が常に引っ張られた状態になることになります。 そう寝ると足

施術日誌 花粉症

花粉症の季節になりました。 花粉症になると嫌ですね。 集中できない、鼻水は出る、くしゃみは出る、いらいらしますよね。 花粉症は首のコリを解消すると改善するようです。 なぜでしょうか? 何故なら首には頭に体液を流す管があるようです。 それでコルとその管を押しつぶして体液の流れが悪くなるようです。 鼻の粘膜には普通は粘液が流れて、粘膜に付着する花粉やらゴミを洗い流しているようです。 所がコルと粘膜に流

Commentaires


bottom of page