top of page
検索
  • 緒方逸雄

腰痛の緩和方法

腰痛になったら大変です。

ところでどうして腰痛になるのでしょうか。

腰痛に成るのも原則があります。

日本人の93~94%は左右で足の長さが違うのです。

足の長さが違うと骨盤が水平になりません。

そうすると、骨盤に垂直についている脊柱も垂直にはなりません。

例えば右足が長いと脊柱は左に傾くことになります。

そうすると左に倒れてしまいますから、上体の方は右に傾いてバランスをとることになります。その結果、左側の椎間板が開くことになり、椎間板が飛び出そうとして神経を圧迫する事になります。

そのようにして、腰痛が出てしまうことになるのです。


それで足の長さを同じにするような動作をすると腰痛が改善していきます。

具体的に言うと脊柱から見て左に痛みがあると右足が長いので、右足を短くする動作をします。

まず正座をします、そして右を3センチぐらい引いて、深いお辞儀をします。

そうすると、和らぐと思われます。

でも重症になるとそれでは治らなくなります。

何故なら症状が出ているところは凝りになっていてそれをほぐさないといけないからです。


もし上記の体操をしても症状が改善しない場合はいつでもお気軽にご相談いただければと思います。

施術と体操を組み合わせることであなたの問題を解決するサポートをさせていただきます。


ここケア中山

緒方

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

血液循環療法について

血液循環療法は小山善太郎さんが開発した治療法です。 小山さんは明治時代の人ですが当時貿易商を営んでおられて様です。 ところがリュウマチにかかってしまいました。 東京の有名な大学病院にかかっておられて様ですが、病状はよく成るどころか悪化する一方だったそうです。 あるとき高尾山に痛いのを押して登山されたそうです。 登っていく途中で、枯れている木を発見されたそうです。 なぜ枯れているのかと気になり調べて

施術日誌 50肩

50肩の方がお見えになりました。 50肩はどうして起きるかというと、不思議に思われるかもしれませんが、実は股関節つまり足の長さが関係していいます。 日本人の93,4%は足の長さが違うといわれています。 足の長さが違うと足の長いほうに身体はバランスをとるために傾くことになります。 そうすると筋肉はバランスよくついていますから、足の短いほうの肩が常に引っ張られた状態になることになります。 そう寝ると足

施術日誌 花粉症

花粉症の季節になりました。 花粉症になると嫌ですね。 集中できない、鼻水は出る、くしゃみは出る、いらいらしますよね。 花粉症は首のコリを解消すると改善するようです。 なぜでしょうか? 何故なら首には頭に体液を流す管があるようです。 それでコルとその管を押しつぶして体液の流れが悪くなるようです。 鼻の粘膜には普通は粘液が流れて、粘膜に付着する花粉やらゴミを洗い流しているようです。 所がコルと粘膜に流

留言


bottom of page